• クーランマランHOME
  • ダイビングプラン
    • ライセンス取得
    • 体験ダイビング
    • ファンダイビング
    • ダイビング料金
  • ダイビングポイント
    • 青の洞窟
    • 真栄田ツバメウオポイント
    • ジンベエザメと遊ぼう
    • 沈船ポイント
  • キャンペーン情報
  • 島ぞうりのご案内
  • ダイビング写真館
  • マリンダイビングフェア
  • クーランマラン ブログ
  • サイトマップ
  • ショップ情報

マリンダイビングフェアに出展します
ダイビングの基礎知識
沖縄のダイビング事情
沖縄の人気ダイビングスポット
沖縄でダイビングをする方法

 

PADI LOGO 809220-MD

 


青の洞窟

沖縄でダイビングをするとなったら、青の洞窟は外せないポイントなのではないでしょうか?青の洞窟とは、自然の奇跡が作り出す美しいブルーに輝く天然の洞窟のことになります。この青の洞窟を見るためだけに、沖縄でダイビングをするという方もいらっしゃいます。

青の洞窟と言えば、本場はイタリアのカプリ島になります。一生に一度は見たいと言われる方が多いのですが、実は日本の沖縄でも同じ洞窟を体験することができます。沖縄の透き通った水と真っ白な海底、そして太陽の光がそれを可能にします。ダイビングで海の中からその青さを実感することになりますので、青の洞窟を訪れた全ての方が感動に包まれます。

青の洞窟に行く前には、必ず青の洞窟の写真を見ることになるでしょう。しかし、実際に行ってみると写真よりもはるかに美しいブルーが待ち構えています。写真では残すことのできない青色を、ダイビングで体験して見てはいかがでしょうか?

一言で青色と言っても、様々なブルーがあります。青の洞窟を訪れる時間帯によっても若干色が異なりますし、季節や天候でもブルーが濃くなったり薄くなったりすることがあります。つまり、全く同じ青色はほとんど見ることができません。逆に言えば、何度言っても新しい青の洞窟を楽しむことができるということです。

沖縄でダイビングと言えば、青の洞窟だと言われる方も少なくありません。まずは、青の洞窟でダイビングの面白さを実感して見てはいかがでしょうか?ダイビング専門店のクーランマランでも、青の洞窟に行くツアーをご用意させていただきます。お気軽にお尋ねください。

ジンベエザメダイビング

沖縄と言えばジンベエザメ(ジンベイザメ)だと答える方もいらっしゃるのではないでしょうか?沖縄の海にはジンベエザメがいます。そして沖縄では、そのジンベエザメをダイビングで見ることができます。ダイビングの中には、運が悪ければ出会うことのできない生物も存在しますが、ジンベエザメを見に行くダイビングツアーに参加すれば、ジンベエザメに確実に出会うことができます。

ジンベエザメは、最大で18メートル、体重10トンくらいまで成長すると言われているサメになります。サメと聞くと怖いイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?しかしその体格とは裏腹に、性格は温厚です。主食は小型の魚やプランクトンになりますので、近づいても一緒に泳いでも問題ありません。

体験ダイビングでは、囲いの外からジンベエザメを観察することができます。しかし、同じ水の中になりますので、タイミングが合えばジンベエザメに触ることもできます。普段のダイビングとはまた違った興奮や楽しさを味わうことができると思いますので、興味のある方は参加してみるとよいでしょう。

ライセンスを持ってファンダイビングで潜る方は、ジンベエザメと一緒に泳ぐこともできます。温厚な性格とわかっていたとしても、その巨体を目の当たりにするとちょっとびっくりしてしまうかもしれません。しかし、基本的にジンベエザメが人間を襲うことはありません。ダイビング専門店クーランマランのインストラクターがいますので、落ち着いてダイビングを楽しむようにしましょう。

北谷エリア

沖縄には様々なダイビングスポットがありますが、その中でも北谷エリアは沖縄の独特の雰囲気を味わうことができる場所ではないでしょうか?この辺りでのダイビングはビーチエントリーが基本です。(ボートエントリーは他のエリアに行く時しか来ません。)

ボートエントリーとは、ポイントまでボートで直行するスタイルのダイビングです。ダイビングで使用する重たい機材を持つ必要がありませんので、体力に自信のない方にはお勧めです。

ビーチエントリーは、浅瀬から歩いて海に入っていくスタイルのダイビングです。近場のポイントを潜りつくすことができますが、重たい機材を持って歩かなければならないというデメリットがあります。しかし、ダイビングが初めての方はこちらの方が良いのかもしれません。

このエリアには、カリフォルニアサイドと浜辺NO,1と呼ばれる沖縄で最も人気の高いビーチがあります。エントリーも楽ですし水の流れもありませんので、初めてダイビングをやるという方にも向いています。また、水中には魚や甲殻類などがたくさん生息していますので、上級者も楽しむことができるのではないかと思います。クーランマランダイビングセンターはカリフォルニアサイドまで歩いて1分の立地にあります

ダイビングスポットの多い沖縄の中でも、このエリアは特に人気の高い場所だといえるでしょう。青の洞窟だけではなく沖縄の雰囲気を持った海を体感したいという方は、この場所に来るとよいと思います。ダイビング専門店のクーランマランでも様々なダイビングを楽しむことができますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

沈船エモンズ

本島では見られない熱帯魚やサンゴを見たり沖縄の綺麗な海を堪能するために、沖縄にダイビングに来られる方も多いのではないかと思います。もちろん沖縄の綺麗な海を楽しむのがダイビングの最大の魅力だと思います。しかし、ダイビングで見られるのは熱帯魚やサンゴだけではありません。

沖縄は、戦争の激戦地としても知られている場所になります。陸地にもひめゆりの塔をはじめとする、様々な戦争の歴史が残っています。戦争の痕跡は、陸地だけではなく海中にも存在しています。それが、ダイビングを通してみることのできる沈船エモンズです。

沈船エモンズは、第二次世界大戦時に沈んだアメリカ軍の船になります。エモンズは1945年に沈んだ船になるのですが、現在でも当時の原型をとどめています。全長約90メートルに及ぶ軍艦になりますのでその迫力も当時のままですし、船を見ながら当時のことを思い描くこともできるのではないでしょうか?この沈船エモンズは世界でもトップクラスの沈船になるのですが、沖縄のダイビングで見ることができるのです。

あまりダイビングに興味がないという方であっても、歴史が好きな方であれば一度は見てみたいと思うのではないでしょうか?また、普段のダイビングと違ったダイビングをしたいと思っている方も、この沈船エモンズを見に行ってみてはいかがでしょうか?沖縄のダイビングには様々な物があるのですが、この沈船エモンズツアーはダイビング専門店のクーランマランがお勧めできるダイビングツアーの1つです。

※ライセンスがないといけない深さなので上級者向けとなります。


Plivacy Policy
Site Policy
Site Map